バイアグラ通販は個人輸入代行サイトから!その仕組みとは!?

最近ちまたで人気の個人輸入サイト。

バイアグラをはじめとする海外製の処方薬が手軽に通販できるのが人気の秘訣です。

「海外製の処方薬が買える?それって大丈夫?」

サイトを利用した事が無い方は不安もあるでしょう。しかしその内部を知れば安心できるはずです。
今回は個人輸入代行サイトについて掘り下げていきましょう。

個人輸入代行サイトってなに!?

個人輸入サイトってなに!?

日本でED治療薬は処方薬としてカテゴライズされていますね。そのため、病院へいって処方してもらうのが一般的。
しかし処方薬とされているものでも、海外製のものであれば医師の処方箋なくネットなどからでも購入する事ができます。

この行為を個人輸入といい、購入者本人が使用する目的場合に限り、海外製の医薬品を購入することが日本の法律でも許可されているのです。

個人輸入での医薬品購入というのは、個人が海外メーカーから直接医薬品を取り寄せるという形になります。

海外製薬会社と直接外国語でやりとりをし、輸入手続きを行う・・。想像しただけで一般の人には難しいでしょう。そんな時に役立つのが個人輸入代行サイト。

海外医薬品専門の個人輸入サイトでは、数多くの医薬品がラインナップされています
その中にもバイアグラはちゃんと取り扱いされてるのがお分かり頂けるでしょうか?

バイアグラ通販個人輸入

個人輸入サイトは購入者に代わって海外からの薬の輸入手続きを行ってくれる代行業のことです。

サイトを利用する側は普通のネット通販感覚でバイアグラを購入する事ができますが、実質は海外メーカーから直接取り寄せる(個人輸入)という形になっています。

非常に便利なので、最近は病院処方とは別に、個人輸入サイトを介してバイアグラを通販購入する人が増え始めているのです。

通販サイトに関する詳しい情報はコチラ

amazonや楽天ではバイアグラは買えない!?

「バイアグラを通販で」と聞くと、大手ネット通販サイトであるamazonや楽天で取り扱っているかも!と考える方も少なくありません。

上記で説明しているように、日本で処方薬に分類されている種類の海外製医薬品は個人輸入という形をとらなくてはいけません。

海外製処方薬の輸出入は非常に規制が細かく、市場も複雑であることから、誰でも出品が可能であるamazonや楽天では取り扱うことが困難で、販売されていません。

楽天でバイアグラ

実際にバイアグラと検索しても、出てくるのはサプリメントや精力剤、書籍ばかり。

もし仮にED治療薬のようなものがあったとしても、それは偽物なので購入しないように注意しましょう。

通販=個人輸入代行サイト!ルールがあるって本当!?

通販=個人輸入代行サイト一択である事を理解してもった上で、通販にはルールも存在する事を知っておきましょう。

手軽に利用できる通販ですが、必ず以下のルールを守るようにしてください。

ルール① 購入しバイアグラ(医薬品)を第三者に譲渡・転売してはいけない

先にも少し触れていますが、個人輸入で医薬品を購入する場合は、購入者本人が使用する場合にのみ限られています。
そのため、買ったものを他の人に譲ったり、ましてや売ったりする行為は違法で、犯罪です。
この事はしっかりと留意しましょう。

ルール② 一度に購入できる量が定められている

個人輸入では一度に購入できる量が決まっています。サプリメントや市販薬クラス(ドラッグストアで売られているもの)は用法用量からみて2カ月分、バイアグラなどの処方薬は1カ月分までです。

この量を越しての購入は、抜き打ちで行われる税関の検査にかかってしまう可能性があります。
税関にかかってしまうと、医薬品は製薬会社のもとへ送り返されてしまい、手元に届かなかったり、再配達手続きなどで商品が到着するまで時間がかかりすぎたりしてしまいます。

そのようなトラブルに合わないために、購入量には注意をしましょう。