知らなきゃ危険!?バイアグラの副作用

バイアグラは病院処方の他に、個人輸入サイトを利用して通販で購入できます。通販で購入する場合は医師処方ではないため、直接薬剤の説明などを受ける事ができません。
ですから副作用の症状などは自分で把握しておく必要があるでしょう。

バイアグラには一体どのような副作用があるのか説明していきたいと思います。

バイアグラの副作用は怖い!?

バイアグラの副作用は怖い!?

バイアグラには血管を拡張し、血流をアップさせることでペニスへ血液を集中させ、勃起に成功させる作用があります。この作用は陰茎周辺だけでなく全身に及ぶため、それに伴って様々な副作用が出現する可能性があるのです。

バイアグラの副作用発症率は高く、使用する90%の人に症状が現れるという結果も出ています。

副作用の症状の度合いには個人差があり、そのほとんどは一過性で問題が無いものばかりですが、稀に重篤な副作用もあるため注意を払った方が良いに越したことはありません。

よくある副作用は?

バイアグラでよくある副作用は以下の症状が挙げられます。

バイアグラの副作用
• 頭痛
• 顔のほてり
• 鼻づまり
• 鼻血
• 鼻水
• 吐き気
• 消化不良
• 胃痛
• 胸痛
• めまい
• 眼痛
• 充血
• 結膜炎
• 色覚異常(視界が青みがかる)
• 動悸
• 背痛
• 筋肉痛
• 息切れ
etc.

バイアグラの血管拡張と血流アップ作用が頭部周辺に現れると頭痛や顔のほてり、鼻詰まり、充血、色覚異常などの顔周りに症状が現れます。
また上半身であれば吐き気や消化不良などの消化器系に影響があり、血流が良くなる事で血圧が低下しめまいなどが現れる場合もあるでしょう。

このなかでも最も多い副作用の報告は、頭痛、鼻詰まり、ほてりです。

頭痛や鼻詰まりは、症状の度合いによってはセックスに集中できない事があるかもしれません。その場合は市販の頭痛薬や鼻炎薬を服用してもOKです。

副作用の症状の大多数は一過性で、時間とともに治まっていく事がほとんどですが、症状が治まらない、だんだんと酷くなっていくといった異常が見られれば重い副作用の兆候である可能性があります。その場合は速やかに近くの病院を受診し、医師の診察を受けましょう。

稀に重い副作用も・・・

バイアグラの副作用のほとんどは上記のようなものばかりですが、ごく稀に重い副作用に発展する可能性も否定できません。

重度の副作用の症状は以下があります。

重度の副作用
勃起持続症(4時間以上勃起が治まらない)
• 急激な血圧低下
• 心筋梗塞
• 高血圧
• 呼吸障害
etc

これらの症状が見られればやはり速やかに医療機関を受診しなければなりません。
4時間以上勃起が治まらない勃起持続症は、放置しておくと陰茎周辺組織にダメージを与え、勃起機能の喪失に繋がります。

稀とはいえ、バイアグラを使用する以上は誰にでも可能性があることですので、充分注意したうえで服用する事が大切です。

副作用を出来るだけ回避するにはどうしたらいい?

知らなきゃ危険!?バイアグラの副作用

副作用を出来るだけ回避するには、用法用量をしっかりと守る事が第一でしょう。
バイアグラはただ性行為の前に飲めば良いというものではなく、正しい飲み方というものがあります。

用量を無視し規定の量より摂取したり、併用禁忌のものと服用したりすると副作用の確率が上がってしまいます。

バイアグラの服用方法に関してはコチラで詳しく説明しています。ぜひご覧ください。

以上の事をしっかりと留意した上で、バイアグラを服用するようにしましょう。